Now Loading...

タグ:KAT-TUN

KAT-TUN

KAT-TUNのニューアルバム「IGNITE」が7月31日に発売決定しました。

KAT-TUNの通算8作目のオリジナルアルバムとなる今作は、『IGNITE』が意味する“発火する・燃え上がらす”のアルバムタイトル通り、「火」というテーマの基、今のKAT-TUNだからこそ魅せることのできる勢いを提示し、楽曲も全てライブでのパフォーマンスを視野に入れてセレクトすることで、ライブとの繋がりをより高めた作品。

JR博多シティ「AMU博多8周年キャンペーン」イメージソング『A MUSEUM』、シンドラ「節約ロック」主題歌『GO AHEAD』、アルバム・リード曲『DANGER』やメンバーソロ曲3曲を含む全13曲収録。

初回限定盤1、初回限定盤2、通常盤の3タイプのリリース。

初回盤1はアルバム・リード曲『DANGER』のMVとメイキングを収録したDVD付き。52P歌詞フォト・ブックレット封入。

初回盤2は『GO AHEAD』MVを収録したDVD付き。24P歌詞ブックレット+ポスター封入。

通常盤にはボーナストラック1曲収録。32P歌詞ブックレット封入となっています。

楽天ブックス
・【初回盤1&2同時購入特典】IGNITE (初回盤1+初回盤2+通常盤セット) (IGNITE BURN-D(バーンド)付き)
・【初回盤1&2同時購入特典】IGNITE (初回盤1+初回盤2セット) (IGNITE BURN-D(バーンド)付き)
・IGNITE (初回限定盤1 CD+DVD)
・IGNITE (初回限定盤2 CD+DVD)
・IGNITE (通常盤)

タワレコ
・IGNITE [CD+DVD+フォトブックレット]<初回限定盤1>
・IGNITE [CD+DVD+ブックレット+ポスター]<初回限定盤2>
・IGNITE [CD+ブックレット]<通常盤>

Neowing
・IGNITE [3タイプ一括購入セット]
・IGNITE [DVD付初回限定盤 1]
・IGNITE [DVD付初回限定盤 2]
・IGNITE [通常盤]

元メンバーの騒動後だけど、これからも活躍してほしいです。

KAT-TUN ,


コメント (0)
KAT-TUN

「田口のファンは小嶺に対して怒りの声を上げています。というのも、田口が『KAT-TUN』から脱退したのも、今回逮捕されたのも、すべて小嶺に原因があると思っているからです」(ジャニーズライター)

小嶺は田口より5歳上で、芸歴もかなり長い。1995年に出演した『3年B組金八先生』(TBS系)で広く知られるようになり、以後、多くのドラマに出演。しかし2011年ごろからほとんど芸能活動をしていなかった。

「小嶺はかねて大麻使用歴のある芸能人たちと交流があり、彼女自身にも疑惑が向けられていました。ネット上には、かなりガラの悪い連中と遊んでいる写真も流出しています。そのため、2007年に田口が小嶺と交際しているという報道が出てからは、ファンだけではなく、ジャニーズ事務所も必死に田口を止めたとか。しかし、田口は小嶺にゾッコンで、事務所とファンの言葉を無視して『KAT-TUN』から脱退、今回の逮捕にまで至りました」(同・ライター)

小嶺は田口がジャニーズ事務所を退所してからは、田口のマネジャーとして活動していたという。しかしまともに仕事をせず、ただ田口と一緒にいただけだとも。

今回の報道にネット上では、

《小嶺麗奈って昔からキナ臭かったもんね》
《シャレにならない。田口くんは引き込まれてしまったのかー》
《小嶺麗奈にさえ会わなければよかったのに》
《何となく小嶺に誘われてやり始めたイメージ》
《大麻なんて常習性ないのにバカだよなぁ 小嶺に引っ張られたかなー田口》
《女に狂わされたって感じ。小嶺麗奈に関わらなければねぇ…》

などといった声が上がっている。

言われていることが本当なら、田口は今回の逮捕でギリギリ救われる可能性があるのかもしれない

まいじつより。

この話題で持ち切りですね。
田口くん、立ち直ってほしいです。

KAT-TUN

田口淳之介くんと小嶺麗奈さんの二人が、先ほど厚労省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕

マトリっていうことは内偵されていたんですね、残念です。

KAT-TUN

前作との比較なしに第1話を見たが、最初から最後まで「わかりにくい」という思いを拭えなかった。意図的なのだとは思うが、主役の姫川玲子についても、相方となる菊田和男(亀梨和也)についても、ほとんど人物像を紹介しないまま膨大な台詞の応酬でストーリーがどんどん進んでいき、誰がどんな立場の人なのか把握しようとするだけで精一杯。途中で殺される刑事にいたっては、顔もはっきり覚えないうちに死んでしまった。

「姫川玲子は警察官としてどこが優れているのか」「劇中での菊田和男の役割はなんなのか」についても第1話では十分描かれたとはいえず、どこを楽しめばよいドラマなのかも非常にわかりにくかった。裏を返せば、それらは第2話以降に持ち越されたともいえるため、飢餓感や期待感を持たせるつくりになっていたともいえる。

インターネット上には、「すべてが安っぽい」「前作が神すぎた」「前と同じキャストで続編やってくれたほうが100倍うれしい」といった批判的な声が圧倒的に多い。主演の二階堂についても、「びっくりするぐらい合ってない」「闇が全然ないのがダメ」「生意気な新米にしか見えない」などの辛辣な声が上がった。ちなみに、放送後のTwitterのトレンドには「竹内結子」のキーワードが突如として浮上した。これは、「竹内結子のほうが良かった」といった書き込みが非常に多かったためだ。

とはいえ、こうした評価を額面通りに受け取ることはできない。基本的に人間は変革を好まず、「前のほうが良かった」と言いたくなる傾向があるからだ。先入観を持たずに今作を視聴した人たちからは、「今作のほうが原作に合っている」「意外と良かった」「二階堂ふみは十分、演技がうまい」といった擁護の声も上がっている。二階堂の演技力には定評があるだけに、姫川の抱える闇をもっと強調する演出になれば、批判の声を覆して「前作を超えた」と言われるようになる可能性もある。引き続き注目していきたい。

ビジネスジャーナルより。

演者のせいにするのはなんでなのかな…。

裏番組とのマッチングもあると思います。

これから面白くなるはずー!!!

ハイフンさんな友達に増上寺のお守り買った。
喜んでくれるかなー😆