Now Loading...

ブログカテゴリ:その他ジャニーズ

その他ジャニーズ

山下智久を名乗るInstagram(インスタグラム)が16日に突如登場し、ファンを騒然とさせている。
InstagramのIDは「tomo.y9」でアイコンは山下智久の写真。一番最初の投稿はサングラス姿の山下智久の写真で、「これからヨロシク!Im on the Gram !!! Excited to share with you ! 」とのコメントが添えられている。
公式アカウントであることを証明する青いチェックマークの認証バッジがあり、山下が主演しているTSB系連続ドラマ「インハンド」の公式インスタグラムも当アカウントをフォローしたことから、「本物に間違いない」とファンが大騒ぎに。開設発覚から1時間程度でフォロワーは早くも1万人を突破している。
SNSでは「 ジャニーズもそういう時代になったか」「ジャニーズも変わってきてる感ある」「驚きすぎてスマホ投げそうになった」など驚きの声が多く上がってる。

ググットニュースさんより。

えー!あれって本人なの???
だとしたらほかのジャニーズタレントも参戦するのかも!?

その他ジャニーズ

タッキーは「ミニジャニーさん」と言われるように、ジャニーさんの考えや作りたいもの、見せたいものを深く理解している一方で、理屈よりも感覚的なところや、特定のユニットやメンバーを「偏愛」するところまでジャニーさんに似ていると思われてきた。

そのため、タッキーがJr.たちの育成・プロデュースを行う新会社「ジャニーズ・アイランド」社長に就任したときには、タッキーが信頼を寄せるJr.ユニット・SnowManばかりが推されるのではないかと、SnowMan ファンは喜び、その他ファンは不安視する面もあった。

しかし、『滝沢歌舞伎』などを見る限り、SnowManメンバーの扱いの差も非常に大きく、コミュ力が高くて親しみやすくタッキーのお気に入りの深澤辰哉や、バレエ経験者ゆえの美しいダンスなどが評価されているジャニー社長のお気に入りの岩本照などは、大きな役を与えられる一方、上智大学院卒の阿部亮平などは、ちびっこJr.よりセリフが少ないなどの状況で、ファンから不満の声が上がっていた時期もあった。

ところがフタを開けてみると、個人的偏愛ではなく、意外なほどに 適材適所にJr.たちを売り込んでいる。

リハウスの物語性あるCMには、ジャニジャニしくない、黙っていればクールビューティの塩顔長身イケメン・作間を配置。 また、ドラマには加藤シゲアキ主演ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』出演枠を争うオ ーデイションドラマ『標への道』でいちばん演技がうまいという声も多かった高橋を配置。『ZIP!』に高学歴の阿部亮平をキャスティングさせ、SnowManの新加入メンバーである村上真都ラウ ールには、スタイルの良さを生かしてファッションショーのモデ ルをさせるなど、ひとり一人の特性を見て、その強みを最大限に生かせる方法で売り込んでいるのだ。

太眉・目ヂカラ系と、黒目がちワンコ系に対しては 盲目的なまでに執着して愛するジャニーさんや、学歴コンプレックスによるといわれる「なんちゃって高学歴ジャニ ーズ推し」のジュリーさんよりも、よほど冷静かつ客観的だ。

サイゾーウーマンより。

ミニジャニーさん…。なるほどw
ジャニーズの更なる盛り上がりに期待です!

その他ジャニーズ

ジャニーズ事務所の「ジャニーズショップ」公式オンラインストアが5月6日にオープンすることが明らかになった。1日、ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny’s net」が発表した。
オンラインストアのオープンにより、ジャニーズファンは全国のジャニーズショップで販売されている生写真をはじめとする商品をインターネット上で購入することが出来るようになる。
オンラインストアでの取扱商品は「 生写真 各種」「フォトBook 2018 各種」「ライブ写真集『JOHNNY’S LIVE COLLECTION 2018」」。
取扱アーティストはTOKIO、KinKi Kids、V6、嵐、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞、山下智久、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King&Prince、佐藤アツヒロ、木村拓哉、内博貴、風間俊介、屋良朝幸、長谷川純、ふぉ~ゆ~、という顔ぶれ。
ジャニーズ事務所に所属するほぼ全てのタレントが対象となっている。
ファンが待望していたジャニーズショップの通販対応決定に、SNS上ではジャニーズファンが大盛り上がり。「新しい時代がやってきた」「こんな時代がくるなんて!! 令和ありがとう」「田舎組からしたら本当に嬉しい」など歓喜の声が殺到している。

ググッットニュースより。

ここにきてネット系サービスを強化してきましたね、ジャニーズ事務所。
また盛り上がりそうな予感です。

その他ジャニーズ

『文春』の報道によると、中居はファンからの反発を恐れ、ジャニーズに残留することを公言はしていないと。一連の“匂わせ”発言も、これまでの好感度を下げないためでしょう。2016年のSMAP解散騒動の際には、木村拓哉とそれ以外の4人の意見が割れ、解散に至ったとされています。結果、木村1人が悪者として批判を浴びました。中居も当初は顧問弁護士に対し、はっきりと退所の意思を伝えていたといいますが、結局、木村とともにジャニーズに残留しています。

中居が稲垣、草なぎ、香取の3人を裏切る形で残留を決めたのは、テレビに出続けたいと考えたからでしょう。ジャニーズを辞めたら新しい地図の3人のように、中居も地上波からは“追放”される。キー局は“嵐”他、人気グループを抱えるジャニーズとけんかはできないですからね。現在、中居の仕事は地上波番組の司会業のみ。それを剥奪されれば、事実上の引退ですからね。

“匂わせ”発言を繰り返す中居に対して、新しい地図の3人は冷ややかで、SMAPの育ての親であるI女史も中居との合流をNGにしているといいます。I女史はジャニーズ時代から可愛がっていた山下智久やキスマイのメンバーなどとは今でも親交があり、I女史派だったタレントとは秘密裡に会うこともあるそうです。しかし、近しい関係者には中居だけでなく、“今の3人以外は、ジャニーズ事務所出身のタレントを入れない”と言っているとか。

それはジャニーズとの深刻な対立を避け、そして、稲垣、草なぎ、香取の3人を守るためでもあります。中居がジャニーズを退所して新しい地図に合流することになれば、中居はテレビに出られなくなり、新しい地図も攻撃を受けることになるかもしれない。双方にとって何もいいことがないため、中居の合流はNGになっているといいます」(芸能プロ関係者)

日刊大衆より。

「中居さんは、復活とまではいかなくても、1日だけの再結成など、いつもSMAPについての可能性を考えています。言葉に出てしまうのもそのせいで、収録後は“言っちゃったな”と反省しつつ、スタッフには“使っていいよ”と気を使っています」(中居の番組関係者)

しかし、その発言が「二枚舌」と報じられることもある。

「中居さん自身は独立するわけではないのに3人を気にする素振りを見せていることに、3人が快く思っていないという報道でした。でも、正直、そんなことはない。3人は舞台や個展など、各々の仕事が波に乗ってかなり忙しいですし、中居さんやSMAPのことを気にしている余裕もないというのが本音でしょう。“そんなにぼくたちに構わなくても、もう大丈夫だよ”という思いなんじゃないでしょうか」(芸能関係者)

女性セブンより。

いまだにどっちつかずな印象の中居くん。

再結成して株を上げたいのかな…。

山下智久くん主演ドラマ『インハンド』のポスターで騒動があった模様。

「通常、宣伝物を作成する際、事前に構成やデザイン等の確認が各事務所にいく。そして、それを受けた上でポスター撮影が行われるのだが、濱田も菜々緒も売れっ子とはいえ、山下が圧倒的に格上。それなのに出来上がったポスターは3人横並びのものでした。当然、ジャニーズサイドは撮影当日にクレームを付けてきたそう。山下がドーンと大きく、その脇に2人という構図に直せと要求したらしい。しかし、そこは濱田、菜々緒それぞれの事務所にも確認を取って決めた構成なので、当日に変更するのは難しい。一時、現場ではスタッフと各事務所マネージャーの間にかなりの緊張が走っていた」(ドラマ関係者)

結局、ジャニーズ側は、しぶしぶ事前の構図を飲んだという。しかし、いくら確認ミスとはいえ、傍若無人のジャニーズのこと。俳優系大手のスターダスト(濱田の事務所)、グラビア系大手のプラチナム(菜々緒の事務所)を向こうにまわし、当日変更を強行するのが日常茶飯事のはずだが…

「例えばこれが嵐の櫻井が主演で、その現場にジュリーさんがいようものなら強権発動は当然。それこそ櫻井1人だけのポスターを撮らせたかもしれない。今回、元の案に収まったのには別の理由がある」(同前)

どうやら、山下のジャニーズ内における立ち位置に問題があるようだ。

「山下はもともと問題連発グループNEWSのセンターだったが、離脱後は、あの飯島女史の傘下に収まり俳優としての華麗なるキャリアを積み上げてきた。しかし飯島女史が去ったあとは、マネジメントが宙ぶらりん状態。一時は旧知の中居正広付のベテランマネージャーがかけもちで山下の送迎をしていたほど。現在は別のマネージャーもいるがまだ若手で、確認物などを上にあげるのもままならない状態」(ジャニーズに詳しい芸能記者)

本来、山下ほどのドル箱俳優になら、それこそ現ジャニーズのドン、藤島ジュリー景子氏がもっと目を光らせても良いはずだ。しかし、キスマイなども含め、ジュリー氏は元飯島班のタレントを軽視する傾向にある。もちろん中居とも一切話さず、可愛がるのは飯島氏を裏切った木村だけというのはもはや常識。93億円という記録的大ヒット映画の誰もが認める看板俳優も、ジャニーズの愚かな派閥闘争の犠牲者になるとは、哀れなものだ。

覚醒ナックルズより。

え…。
こんなもんじゃないの?
神経質になりすぎじゃないですか?事務所…