Now Loading...
  azabu
東京都 会社員 30代

ジャニー喜多川社長、くも膜下で入院中…嵐が報告

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)が、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血で救急搬送され、現在も入院していることが1日、分かった。
この日、東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムで行われた嵐初展覧会の会見場で、ジャニーズ事務所が報道陣に発表した。先月18日に体調の異変を訴え、倒れたという。現在は病床で治療をしており、ジャニーズ事務所は「今もジャニーは必死に頑張っております」とした。
この日、展覧会に関する会見の前に、嵐のメンバーを代表して、松本潤(35)が口を開いた。「ご報告させていただきたいことがあります。6月18日に、弊社の社長、ジャニー喜多川が、病院に緊急搬送されました」と明かした。
「その報告を受けて、僕たちは、翌日19日に、5人でジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後もそれぞれ時間がある時に、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状です。今はジャニーさんが1日も早く、元気に回復してくれることを祈っています」
言葉に力を込め、ジャニー氏の回復を祈った。「皆様には、今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、何とぞ、よろしくお願いいたします」と伝え、5人で頭を下げた。また、「この後(展覧会の)会見ありますが、この話で暗い会見になるのは、ジャニーも望んでいないと思いますので、よろしくお願いいたします」と話した。
ジャニーズ事務所は、「2019年6月18日午前11時30分頃、体調の異変を訴え、救急搬送されたことから、現在、入院いたしております。病名は、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血でございます」と説明した。
ジャニー氏の入院後、近藤真彦(54)や嵐のメンバーをはじめ、ジャニーズJr.を含むほぼ全ての事務所所属タレントが見舞いに訪れたという。ジャニーズ事務所は「所属タレントたちは、ジャニーを元気づけたいという思いから、日々、病室を訪れておりますが、この面会がかなっておりますのも病院関係者の皆様のご尽力によるものと、心より感謝いたしております」と明かした。
親しい関係者によると、ジャニー氏は倒れる前日の先月17日まで、ジャニーズJr.が出演するライブイベント「ガムシャラ! サマーステーション」のリハーサルや、舞台の稽古現場を訪れ、積極的に指示を出したり、スタッフと打ち合わせをしたりしていたという。
ジャニーズ事務所は「皆様にはご心配をおかけいたしまして誠に恐れ入りますが、今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます」と伝えた。
この日は、グループ初の展覧会「ARASHI EXHIBITION JOURNEY 嵐を旅する展覧会」の会見も行われた。リーダー大野智(38)は「(デビューから)20年の重みを感じますよね。10年だとまた違うものになっていたと思う。20年やってきたからできたことじゃないでしょうか」と話した。
この日から11月30日まで5カ月間東京で開催し、大阪や福岡、宮城などに巡回する予定という。大野は「1人でも多くの方に来ていただきたいです」と笑顔を見せた。

ジャニーさんの復帰を願ってます。

その他ジャニーズ ,


コメント (1)

コメント一覧

  1. 匿名より:

    ほんとによかった!職場で知って嬉しかったです。
    デマを流した奴に、恥を知ってほしい。これまで頑張ってくださって、今も病気と闘って、退院できても大変そうなジャニーさんに、なんでそんな酷いことが出来るのだろう。信じられない。

コメントをどうぞ