Now Loading...

タグ:Kis-My-Ft2

Kis-My-Ft2

人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ケ谷太輔さんが、放送中の主演連続ドラマ「ミラー・ツインズ Season1」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の最終回(25日放送)を前に21日、東海テレビ(名古屋市東区)で取材に応じた。藤ケ谷さんは、同グループの千賀健永(せんが・けんと)さんが同作のファンであることに触れ、「始まる前から『楽しみにしている』と言ってくれていて、毎週、感想と疑問点などのメールをすごく長文で送ってくれます。デビューして8年くらいたって、(メンバーから)個人的なことで個人に連絡が来ることが減ってきている中、(ドラマの)熱量を受け取ってくれているんだなと感じ、うれしかったですね」と喜んだ。
 この日は東海テレビのキャラクター・イッチーも登場。同作の制作発表会見で、イッチーのぬいぐるみをもらったという藤ケ谷さんは「(ぬいぐるみが)家のソファにいますよ! すごく可愛らしいのに、おじさんみたいな眉毛をしているところ(が魅力)ですね」とにっこり。一方、イッチーに会うのは初めてで「こんなに大きいと思わなかった! うちにいるのより硬い」と驚いた様子を見せた。
 会場には、同作のPR用に藤ケ谷さんが一人二役で演じた双子の兄・葛城勇吾と弟・葛城圭吾の服を着たようなイッチーのぬいぐるみも用意された。藤ケ谷さんは「イッチー圭吾とイッチー勇吾を作ってくれたり、すごく愛情を感じます。服がパツパツで(フードは)かぶれているのか?という感じですけど」と笑顔で突っ込みつつ、愛おしそうな表情。イッチーとスキンシップを楽しみながら写真撮影に応じた。
 同作は東海テレビとWOWOWの共同制作ドラマ。20年前の誘拐事件で生き別れ、一人は刑事、もう一人は犯罪者として再会した双子の運命を描いている。「Season2」は、WOWOWの「連続ドラマW」枠で6月8日から毎週土曜午後10時に放送。千賀さんが第1話にゲスト出演し、重要な事件の殺人現場を目撃するクラブの店長を演じる。全4話で、第1話は無料放送。

MANTAN WEBさんより。

麗しきメンバー愛!!
ドラマも大詰めですよね。オンエアが楽しみです!

スキンケアブランド「アクネスラボ」シリーズの新キービジュアルが2019年5月14日(火)に解禁された。イメージキャラクターは、前回に続いてジャニーズ事務所の人気アイドルグループ・Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が務めている。
今回の新ビジュアルは、先生風のインテリ藤ヶ谷が、ニキビや敏感肌に悩む女性に優しく寄り添う「アクネス先生」に扮して登場。難しいお肌のことに対して一緒に考えてくれるような、藤ヶ谷の優しい表情がアカデミックな世界観で表現されている。

ググットニュースより。

こんなにかっこいい先生なら絶対学校サボらないのにw

Kis-My-Ft2

「Hey!――」は今から12年前の2007年9月に結成された。その中で圧倒的な存在感を放ってきたのが中島だ。事務所内での評価も高く、“ポスト岡田准一”“ポスト木村拓哉”の呼び声も高い。昨年は連続ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で織田裕二の相棒役を務め、そのひとつ前のクールでは松本潤主演のドラマ「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)で特別ゲストとして出演した。

そんな中島は数年前に映画で共演した同年代の俳優仲間に「グループでの活動にいったん区切りをつけて、俳優として再スタートを切りたい!」と漏らしているという。にわかに信じがたいウワサではあるが、あえて中島の“脱退説”に立って見れば「なるほど、そうかもしれない」と思えるようなこともある。

「Hey!――」は12年前の結成時メンバーだった森本龍太郎が未成年喫煙を原因にグループを脱退し、その後、事務所も退所した。同じく岡本圭人も海外留学を理由に18年9月から芸能活動を休止している。正当な理由があれば、中島が脱退したとしても決して不思議ではない。

前出の俳優仲間とは別の周辺人物からは、中島について、さらにこんな話も漏れてきた。

「中島はグループとしての音楽活動には早い段階から見切りをつけていたようです。彼にとってショックだったのは、“センターは裕翔!”と指名されてグループ活動をスタートしたのに、途中から丁寧な説明もなしにセンターを山田涼介に取って代わられたことだといいます」

さらには16年4月に20歳年上の女優・吉田羊が中島を自宅に連れ込んだ“7連泊愛”が報じられことも中島にとって痛手となった。その後、2人は関係を解消したとされているが、あれから3年が経った今年に入っても、“結婚強行か”と報じるメディアもあった。“20歳差交際”の報道がいまだに尾を引いているのは間違いない。恐らく、中島と事務所との間にも目には見えない“シコリ”が残っているはずだ。

「Hey!――」は今月22日にグループにとっては24枚目のCD「Lucky―Unlucky/Oh! my darling」を発売する。そして間もなく、中島は事務所と9月の契約更改に向けて話し合いを行う。中島は“自分の希望が受け入れてもらえないなら退所も考えている”と友人たちに漏らしているようだが、果たしてどんな話し合いが行われるのか。

日刊ゲンダイより。

前にもありましたよね、この噂。
いろいろ落ち着いてほしいなあ。ジャニーズ。

キスマイのアルバムの看板見つけた!
友達に送ってあげたよー👍
ここジャニーズ専用にならないかなあ。

Kis-My-Ft2

Kis-My-Ft2のドームツアー「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」のグッズが、本日5月4日から東京・科学技術館でプレ販売開始されました。

グッズは下記のとおり。

パンフレット
\2,200(税込)

ジャンボうちわ(個人7種)
各\600(税込)

ポスター(集合1種)
\800(税込)

クリアファイル(集合1種/個人7種)
各\600(税込)

オリジナルフォトセット(集合1種/個人7種)
各\800(税込)

オリジナルペンライト
\1,800(税込)

ショッピングバッグ
\1,800(税込)

Tシャツ
\2,800(税込)

スポーツタオル
\1,800(税込)

会報フォルダ
\1,000(税込)

コードクリップ
\800(税込)

アクリルキーホルダー
\1,200(税込)

スタッキングカップ
\700(税込)

ローラーチャーム
\1,500(税込)

かわいいとの声多数!カップかわいいなー。

2019年5月6日付(集計期間:2019年4月22日~2019年4月28日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Kis-My-Ft2の約1年ぶり、通算8作目のオリジナル・アルバムとなる『FREE HUGS!』が総合首位を獲得した。
 4月24日にリリースされた『FREE HUGS!』は、前作『Yummy!!』とほぼ横ばいとなる初週売上205,976枚を記録してCDセールス1位。また、ルックアップでは、今回で5週連続となる総合トップ5入りを果たしたback number『MAGIC』を僅差で上回り、こちらも1位をマークしている。後者に関しては前作『Yummy!!』のほぼ倍となるポイントを記録しているが、最も高ポイントを積み上げたのが通常盤のDISC2だった。同ディスクにはI Don’t Like Mondays.、川畑要(CHEMISTRY)、林原めぐみ、ビリケン、大沢伸一、平井大、Diggy-MO’といった7組のアーティストが参加し、各メンバーのソロ曲を手掛けている。そもそもメンバー全員のソロ曲の収録は5thアルバム『I SCREAM』以来ということもあり、そのあたりの注目度の高さが、購入者に積極的なCD取り込みを促したことが窺える。

ビルボードジャパンより。

おめでとう!令和もキスマイ飛躍の年になりそうですね。

Kis-My-Ft2

4月23日の日テレ系「バゲット」にVTR出演したKis-My-Ft2のメンバーが、生まれ変わりたいメンバーについて語りました。

“Kis-My-Ft2の中で生まれ変わりたいと思うメンバーはいる?”との質問に答えた7人。

これについて、二階堂高嗣くんと藤ヶ谷太輔くんの二人が「いる」と答えたのです。

二階堂くんは「玉」とし、玉森裕太くんに生まれ変わりたいとのこと。理由は「モテたい。シンプルにモテたい」からなのだそう。「背も高い。顔も小っちゃい。オシャレ。うん」と語り、非の打ち所がないことを力説していました。

また、藤ヶ谷くんは「僕は二階堂さんなんです」と回答。その理由について「打ち合わせの時、二階堂さんの缶コーヒーを開けるタイミングが、最高にカッコよくて」と語ります。

藤ヶ谷くんが再現するところによると二階堂くんは「『照明をこのタイミングで入れて…』、(という話の途中で)“カチッ”(と缶コーヒーを開ける)」ところがカッコイイのだそう。

これには宮田俊哉くんも「ライブの打ち合わせの時ね。分かる、分かる」と頷いたのです。

藤ヶ谷くんは「今、ワーッて(盛り上げて)やってますけど、裏ではめっちゃクールです。めちゃめちゃクール。カッコイイ」とし、オフの時に二階堂くんの振る舞いを絶賛していました。

Jnews1より。

メンバーの知られざる素顔が垣間見れた感じですね!
意外な一面にびっくりです。

Kis-My-Ft2


コメント (0)
Kis-My-Ft2

人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ケ谷太輔さんの主演ドラマ「ミラー・ツインズ Season1」(東海テレビ・フジテレビ系)の第2話が13日放送される。20年前の誘拐事件で生き別れ、一人は刑事、もう一人は犯罪者として再会した双子の運命を描く同作で、誘拐され犯罪者となった葛城勇吾と、双子の弟・圭吾の二役を熱演している藤ケ谷さんが、撮影での苦労や演技に対する意欲などについて語った。
 藤ケ谷さんは、オファー時について「ずっと悪役に挑戦したかったので、『ついに来た!』とテンションが上がりました。ただ、役柄が双子で片方は刑事です、と聞いた時は『そりゃ、大変だ』と思いましたね(笑い)」と振り返りつつ、「こういう仕事をしている以上、素晴らしいチームと素晴らしい作品を作ることが何よりのやりがいだし、喜びでもあります。今回はさらに主演とのことだったので、大変なことも相当あると思いつつ、そういうことも含めて楽しんで演じたいと覚悟を持ちました」と語る。
 第1話が6日に放送され、撮影が続けられている。撮影について、藤ケ谷さんは「一人二役で双子というのは、やっぱり難しいです。スケジュールが圭吾、圭吾、勇吾、圭吾となっていると心がざわつくときもありますけど(笑い)、それぞれの心情を理解して、落ち着いて演じるようにしています」と話す。
 1日で二役を演じることは「大変か?」という質問には、「そうとも言い切れないんです。“圭吾デー”が続いていたとして、急に勇吾を演じると戸惑ってしまうことがあるし、逆にずっと勇吾を演じていると気持ちがアウトローになっていて、そこで圭吾と恋人・里美(倉科カナさん)のやりとりをピンポイントで演じなくてはいけなくなると、優しい気持ちを作るのに時間がかかることもあります。圭吾と勇吾を交互に演じることが気持ちの切り替えに役立ってくれています」と答えた。
 撮影が進み「作品に対する印象や捉え方に変化が生じてきたか」と聞かれると、「台本を読んだとき、複雑に張り巡らされた伏線が回収されるところや、登場人物の“裏の顔”が明らかになる瞬間にハッとしていました。どの展開も『ここでこう来るか!』というグッドタイミングで、視聴者の方も『多分、こうじゃないか』といろいろ推理しながらご覧になると思うんです。それが当たったとしても、そこからさらなる裏切りが待っているはずです。そんな練りに練られた台本を映像にしたとき、さらに面白くしなくては、というプレッシャーはあります。でも、実際に共演者の皆さんと対面してお芝居をしていると、どんどんシーンが膨らみ台本を読むだけでは理解しきれなかった部分が見えてくるので、現場でよく興奮しています(笑い)」と話す。
 さらに、「きっとどこかで2人(勇吾と圭吾)が対面するんじゃないですか(笑い)。勇吾が圭吾に扮(ふん)して悪さをする、なんて場面も出てくるかもしれません。里美を巡っての激しい対立もあるかも……」とコメントも。
 「もっと演技の経験を積みたい」という藤ケ谷さんは「この現場でありがたいのは、(皆川耕作役の)高橋克典さんや(久能源一郎役の)石黒賢さんなどキャリアのある方の胸を借りてお芝居ができることです。これまでいろいろな現場でさまざまな経験をされているので、『こういうときはどう対応したんですか?』と伺うと、ためになるアドバイスをくだささるんです」とも語った。

MANTAN WEBさんより。

俳優として成長を続けてる藤ヶ谷くん、頑張ってほしいです!